パン 西多摩・青梅・奥多摩

木の葉konohapan薪窯パン工房@青梅~杜の白いパン&根っこパン/P8台

投稿日:2016-10-10 更新日:

西多摩エリア青梅市黒沢、JR青梅駅からはだいぶ離れた山の麓に天然酵母ベーカリー『薪窯パン工房 木の葉』さんはあります。ベーカリーカフェとしてランチも大人気だった木の葉さんですが、2012年10月31日より閉店休業され、その後2013年6月よりパンのみ販売を再開されています。前回はお店の詳細をご紹介しましたが、今回はその際に購入したパンをご紹介。

スポンサーリンク

グレコ・ローマン様式の薪窯で焼かれるパン

20161007_105608

手前に写っているのがオーストリア・チロル地方に伝わる伝統のグレコ・ローマン様式の薪窯。毎朝、薪で火を入れ窯を加熱した後、灰を取り出し、窯に蓄えられた余熱でパンを焼いているそうです。開店時間前に到着した時にこうばしい香りが外にまで広がっていました。

20161007_111137

薪窯で焼かれたパンは独特の香りと歯ごたえだとお店のスタッフさんが教えてくださいました。平日の11時前に到着し、開店を待って入店。店内に並んでいたパンは3種類。きっと以前はもっと並んでいたのでしょうけれど、もしかしたら今は木の葉さんの主力であり基本のパンだけなのかもしれません。

杜の白いパン

16-10-07-15-18-21-101

杜の白いパン¥600。大きなパン!これだけ大きいパンがこうして並んでいるのってなかなか見られないですね。

16-10-07-15-31-35-693

帰宅後に撮ったもの。お店で見た時よりも大きく感じます。

16-10-07-15-35-23-020

断面。カットするのに苦労しました~^^外側はカリッとしっかりしていて中がものすごくふわふわなんです。だから、パン専用の包丁でも外側になかなか切れ目を入れられず、切れ目が入ったと思ったら今度は中がやわらかすぎて上手く切れない(^_^;)こんなパンは初めて。

これはもうそのまま食べて欲しい。まず香りが最高です。そして外側のカリッとした部分は香ばしく強い風味。中はおそろしいほどふわふわもちもちで、いくらでも食べられてしまいます。こんなに大きいのにあっという間に食べ尽くしてしまいました。

根っこパン

スポンサーリンク

以前まだ木の葉さんがカフェランチをされていた時のことで、食べ放題のパンをいろいろ選べるにもかかわらず「杜の白いパン」オンリーにしたというレビューがネット上に載っていましたが納得です。

20161007_110116

こちらは「根っこパン」¥400。フランスパン、バケットのようなパンです。これは今回ワタシイチオシ!おすすめパン。

16-10-07-15-32-26-895

根っこパンも外側がカリッとしっかりしていますが、それは杜の白いパン以上です。こちらもスライスに苦戦(^_^;)

16-10-07-15-34-20-551

切れました!こうして見るとバケットですね!根っこパンも香りがとても良く、小麦の風味がしっかり感じられるパン。そのまま食べても美味しいけれど、トースターで軽く焼くと表面がカリッとして、風味がさらに強くなり旨味が増します。オリーブオイルで食すと最高に美味しい。

16-10-08-16-34-26-562

今回は、木の葉さんのパンによく合うということで、お店で販売していた「ラーレリ EXVNオリーブオイル アーリーハーベスト」にバルサミコ酢を合わせてみました。

うーーーん!これはたまりません♪

アーリーハーベストは早摘みのオリーブの実を使っていて、青い香りがとてもフレッシュ。バルサミコ酢は無くてもいいかも。代わりに岩塩とか、ミネラルの豊富な塩を合わせても。

ベルベデーレ

20161007_143340

ベルベデーレ。ドライフルーツの洋酒漬けとナッツがギッシリ詰まったパン・・というよりなんだろう?スイーツともちょっと違うような。そんなに甘くはなく、ドライフルーツの甘み。洋酒に漬け込んであるので風味がとても豊かで味わい深いです。これは少しずつゆっくりと味わいたい一品。

まとめ感想

20161007_145005

西多摩エリア、青梅の『薪窯パン工房 木の葉』さん。最初は、大きなパン食べきれるかな~と思ったのですが、ペロリと美味しくいただきました(*ノωノ)

薪窯で焼かれたパンの独特の香りと歯ごたえを堪能したつもりですが、欲を言えばもっとその味と香りを記憶に刻みたかったというのが正直なところです。あっという間に食べちゃったので(^_^;)次回訪問した時は、もっとゆっくり楽しみたいです。

『薪窯パン工房 木の葉』店舗・地図・駐車場詳細

関連コンテンツ

-パン, 西多摩・青梅・奥多摩
-, , ,

Copyright© たまいぶするー , 2017 AllRights Reserved.